トップページ年度別チームデータ2015年度 観戦記 > 第21節

2015年度 観戦記 ファジアーノ岡山戦[第21節] 7月4日(土)

先制して守りに入られた相手に、為す術なく敗れる

ファジアーノ岡山 2−0 京都サンガF.C.
得点者:【岡】篠原、矢島


【 試合前の見所 】

今節は現在15位の京都サンガF.C.と、13位のファジアーノ岡山との対戦です。

サンガは、前節、今もっとも勢いのあるツエーゲン金沢を相手に試合の開始早々に先制点を奪われ、万事休すかと思われたが、大黒選手が得たPKをその大黒選手が自ら決めてすぐさま同点に追いついた。更に、その後も、流れの中からサンガが2点を追加して前半を「3−1」で折り返すと、金沢の反撃が予想された後半もサンガの守備陣が踏ん張り、2点のリードを保ったまま試合は終了。見事な逆転勝利で金沢を下し、順位も15位に浮上した…。今節の相手は現在13位のファジアーノ岡山。その岡山も前節はギラヴァンツ北九州を相手に先制点を奪われるも、「3−2」で逆転勝利し、4試合ぶりの勝利をおさめている。今節は前節で逆転勝利をしたチーム同士の一戦となるが、連勝して上昇気流に乗れるのは果たしてどちらのチームだろうか…。


【 試合内容 】
(前半)

前節で好調のツエーゲン金沢に快勝したサンガは、その勢いを継続させる意図もあるのか、前節と全く同じスターティングメンバーで試合に臨む。激しく雨が降り注ぐ中、試合開始のホイッスルが吹かれると、その開始早々にサンガに決定的チャンスが訪れた。前半3分、駒井選手が得意のドリブルで相手陣内に切れ込んで左足で優しく出したスルーパスが、どフリーで走り込んできた大黒選手の足元に繋がった。だが、抜群の決定力を誇る大黒選手がダイレクトで右足で放ったシュートは左にそれてしまい、最初に訪れた決定的チャンスを逃してしまった…。更に、前半8分にもコーナーキック後のプレーで、佐々木選手が上げたクロスボールを、バヤリッツァ選手がどフリーでヘディングシュートを放つも右にそらしてしまい、またもや絶好のチャンスをものにする事が出来なかった…。その後も、サンガは和田選手の正確なスルーパスからチャンスを作るものの、残念ながら得点を奪うまでには至らずにいた。そんな中、先制点を奪ったのは…。前半27分、岡山に左サイドから中央を経て右サイドに大きく展開され、その右サイドから加地選手が右足で蹴り入れたボールは金南一選手がクリアーするも、そのこぼれ球を篠原選手に左足でダイレクトで地を這うようなミドルシュートを決められ、岡山に先制点を許してしまった。このあとは、先制点を奪った岡山に一気に流れが傾き出し、サンガのチャンスと言えば、駒井選手のドリブル突破と、和田選手の精度の高いスルーパスのみと、攻撃のオプションが少なく、得点を奪うことができずにいた…。結局、サンガの同点弾を拝むことが出来ないまま前半は終了する。サンガが1点のビハインドを背負ったまま後半へ…。

『開始早々の決定機を決めてくれたら…。まぁ、気持ちを切り替えてやるしかないけどぉ…。』


(後半)

両チーム共にハーフタイムでの選手交代はなく、前半終了時と同様のメンバーで試合が再開された。その迎えた後半は1点のビハインドを背負っているサンガが前掛かりに攻め込み、対する岡山がそのサンガの攻撃の隙をついてボールを奪い取り、そこから素早くカウンター攻撃を仕掛けると言う試合展開が続いていた。そんな攻防戦を制して次の得点を奪ったのは…。後半12分、中盤の竹田選手からの見事なスルーパスが、最前線の片山選手の足元にぴったりとつながった時点で勝負あり。その片山選手が落ち着いて中央に出したラストパスを、走り込んできた矢島選手に右足で合わされてゴールイン。サンガは2点差に突き放されてしまった。そこでサンガベンチは、その失点の直後の後半16分、黄辰成選手に代えて永島選手を、佐々木選手に代えて有田選手を投入と一気に2枚のカードを切り、選手交代で局面を打開しようと試みた。だが、その選手交代もそれ程の効果は現れず、依然として得点を奪う事ができずにいた…。そんなもどかしい試合展開の中、サンガベンチは、後半37分、和田選手に代えて石田選手を投入と最後のカードを切ってきた。その選手交代の直後の後半40分に、駒井選手のクロスボールを有田選手がダイビングヘッドで合わせるも、相手GKのファインセーブに合い得点には至らず。その後も、サンガは守りに入った岡山を攻めたてるものの、得点を奪う事が出来ないまま約3分間のアディショナルタイムに突入する。そのアディショナルタイムもサンガは完全に守備に徹している岡山に攻め手を欠き、逆に岡山に横パスを奪われてカウンターを食らうありさま…。結局、サンガは一矢を報いる事もできずにそのまま試合は終了となってしまった…。

『2点を先行されて守りに入られたら、今のサンガのチーム力やったら勝てへんやろなぁ…。』


【 出場選手の5段階評価 】

   名前     評価  コメント
        (5段階)
GK 山田     2 ブラインドになったのかもしれへんけど、止めてほしかったなぁ…。
DF 菅沼     3 気合いが入っているのは分かるけど、他の選手への八つ当たりは…。
DF バヤリッツァ 3 決定機で決めきれず…。セットプレーからの得点を期待してます!
DF 磐瀬     3 持ち前のフィジカルとハートの強さ見せるも、勝利には導けず…。
DF 石櫃     3 クロスボールは「数打ちゃ当たる」と言う考え方もありやけどぉ…。
MF 金南一    3 クリアーボールをダイレクトで蹴り込まれ、先制点を奪われる事に…。
MF 駒井     4 開始早々のドリブルからの大黒選手へのスルーパスはお見事でした!
MF 黄辰成    3 セットプレーはすべてこの選手にお任せした方が良いような気が…。
MF 和田     4 ボールを奪ってから攻撃に転じるスピードが早くて正確でした!
MF 佐々木    4 右サイドで攻撃の起点となるも、残念ながら得点にはつながらず…。
FW 大黒     3 開始早々の決定機は決めてほしかったなぁ…。と言うか決めてくれ!

途中出場
MF 永島     4 気持ちが入ってました。その調子でミスを恐れずに頑張ってくれ!
FW 有田     3 惜しいヘディングシュートがあったが、相手GKの好守に阻まれる。
FW 石田     − 与えられた時間が少なかっただけに、ほとんど見せ場を作れず…。

監督 和田     2 早めの攻撃的な選手交代は良かったけど、攻撃のオプションが…。

        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
        ■                          □
        □   本日のSVP(サンガ・ベスト・プレイヤー)  ■
        ■                          □
        □           駒井 善成          ■
        ■                          □
        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【 MVP投票 】

【 閲覧者の声(掲示板より抜粋) 】

━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

TV観戦。全体的にボールポゼッションして優勢に進めるも守る相手に有効な攻撃はなく敗戦。昔から勝てない守備専門の相手。どんなに監督が変わっても弱みは継続されるのも不思議です。

今日は前半冒頭にあった大黒、バキのチャンスを決めていれば違う展開になったかもしれませんが、順位並みの凡戦でした。負け惜しみではないですが、岡山のサッカーはくそ面白くない。でも勝てないのは実力。さっさと監督を交代しないと降格が現実になるよ〜。

                                 記入日 [2015/07/04]  ( GU さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

確かに、前半のチャンスで決めていれば勝てたかもしれない。試合の最初の方は前節の好調を維持しているように見えましたし、駒井が躍動していて、今シーズンの相当ひどかった時に比べればなかなか良い気もしました。でも失点してしまうとだんだん気持ちが下を向いて行ったり雑になっていった気がします。後半は若手の姿が見られたこと以外は退屈でした。

昨日のサポーターミーティングでの様子なども漏れ聞こえてきたりして(監督の責任はもちろんですが)監督だけの責任でもない気がしてきました。上で引っ張るべき人たちに熱意や工夫が感じられないというのはどういう事なのでしょうか。

                                記入日 [2015/07/05]  ( 1/3 さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


【 他会場の試合結果 】

水戸ホーリーホック 2−1 栃木SC
得点者:【水】三島、吉田 【栃】河本

東京ヴェルディ 1−1 アビスパ福岡
得点者:【東】南 【福】鈴木

横浜FC 0−0 コンサドーレ札幌

カマタマーレ讃岐 0−0 愛媛FC

ギラヴァンツ北九州 1−1 ツエーゲン金沢
得点者:【北】渡 【金】作田

V・ファーレン長崎 0−1 大宮アルディージャ
得点者:【大】横谷

ザスパクサツ群馬 2−1 徳島ヴォルティス
得点者:【群】吉濱、野崎 【徳】木村

ジェフユナイテッド千葉 3−1 FC岐阜
得点者:【千】キム、町田、ネイツ・ペチュニク 【岐】難波

ジュビロ磐田 1−1 ロアッソ熊本
得点者:【磐】松浦 【熊】齊藤

セレッソ大阪 0−0 大分トリニータ


【 Jリーグディビジョン2 順位表(第21節終了時点) 】

┌───┬──────────────┬─────┬────┐
│ 順位│  チーム名        │ 勝ち点 │得失点差│
├───┼──────────────┼─────┼────┤
│ 1位│  大宮アルディージャ   │  46 │ 22 │
│ 2位│  ジュビロ磐田      │  40 │ 12 │
│ 3位│  ツエーゲン金沢     │  37 │ 12 │
│ 4位│  ジェフユナイテッド千葉 │  36 │ 11 │
│ 5位│  セレッソ大阪      │  34 │ 13 │
│ 6位│  コンサドーレ札幌    │  34 │  8 │
│ 7位│  アビスパ福岡      │  33 │  1 │
│ 8位│  東京ヴェルディ     │  31 │  2 │
│ 9位│  横浜FC        │  31 │ −5 │
│10位│  V・ファーレン長崎   │  30 │  6 │
│11位│  愛媛FC        │  30 │ −1 │
│12位│  ファジアーノ岡山    │  29 │  6 │
│13位│  ギラヴァンツ北九州   │  29 │ −3 │
│14位│  カマタマーレ讃岐    │  25 │ −3 │
│15位│  ザスパクサツ群馬    │  25 │−10 │
│16位│  栃木SC        │  22 │ −7 │
│17位│  京都サンガF.C.     │  22 │ −8 │
│18位│  水戸ホーリーホック   │  20 │ −7 │
│19位│  徳島ヴォルティス    │  19 │ −8 │
│20位│  ロアッソ熊本      │  19 │−13 │
│21位│  FC岐阜        │  19 │−19 │
│22位│  大分トリニータ     │  15 │ −9 │
└───┴──────────────┴─────┴────┘


← 前節へ戻る                  次節へ進む →


△ページの最上部へ

 
【サッカーショップ加茂】京都サンガFC ホーム ユニフォーム