トップページ年度別チームデータ2016年度 観戦記 > 第2節

2015年度 観戦記 FC町田ゼルビア戦[第2節] 3月6日(日)

アディショナルタイムに追いつかれ、痛恨のドロー

FC町田ゼルビア 1−1 京都サンガF.C.
得点者:【町】中島 【京】アンドレイ


【 試合前の見所 】

今節は現在9位の京都サンガF.C.と、17位のFC町田ゼルビアとの対戦です。

サンガは前節の開幕戦では水戸ホーリーホックを相手に決め手を欠き、両チーム共に無得点のまま前半を折り返した。そして、迎えた後半に有田選手が相手DFのクリアーボールをダイレクトで蹴り込んで先制点を挙げた。だが、この後の攻撃が続かず、逆に水戸の攻撃を防ぐ事ができずに失点を喫し、「1−1」のドローで開幕戦を勝利で飾る事ができなかった…。今節の相手は現在17位のFC町田ゼルビア。その町田は前節、セレッソ大阪を相手に終始押し気味に試合を進めるも、セレッソ大阪にコーナーキックからのチャンスを確実に決められ「0−1」で敗れ、こちらも勝ち点「3」を逃している。両チーム共に今節で勝って勝ち点「3」を挙げたいところだが、果たして勝利の女神が微笑むのはどちらのチームだろうか…。


【 試合内容 】
(前半)

サンガは前節と同様のメンバーで試合に臨む。試合は立ち上がりから、当たりが激しい攻防戦が繰り広げられていた。サンガサポーターとしては、今季J3から加入したチームが相手だけに内容的にも圧倒してほしいところだが、その願望とは裏腹にどちらかと言えばやや町田のペースで試合が進んでいた…。サンガも負けじと町田陣内に攻め込みたいところだが、まったくと言って良いほど攻撃の形を作る事ができずにいた。そんな試合展開を打開するためか、サンガベンチは前半のアディショナルタイムに、山瀬選手に代えてエスクデロ選手を投入と非常に珍しいタイミングで選手交代を施してきた。そして、その選手交代の直後に前半終了のホイッスルが吹かれた。「0−0」のまま後半へ…。

『気持ち的には完全に負けてるし、チームとしての完成度も町田の方が上のような気が…。』


(後半)

両チーム共にハーフタイムでの選手交代はなく、前半終了時と同様のメンバーで試合が再開された。後半の立ち上がりは前半の終了間際に投入されたエスクデロ選手を起点に、サンガが前掛かりに攻撃を仕掛けていた。そんな中、サンガに決定機が訪れる。後半10分、石田選手のドリブルからイヨンジェ選手を経由して、ボールは左サイドに流れていた有田選手へ。そして、その有田選手が左足で上げたクロスボールをエスクデロ選手がどんぴしゃりでヘディングで合わせるも、そのシュートは僅かにクロスバーの上を越え得点には至らず。サンガはこの試合初めて訪れた決定機をものにすることができなかった。この局面を打開するためか、サンガベンチは後半17分、石田選手に代えて高橋選手を投入と2枚目のカードを切ってきた。その高橋選手を最終ラインに入れ、3バックにシステムを変更し、サイドからの攻撃の人数を増やして勝負を仕掛けてきた。そして、待望の先制点を奪ったのは…。後半26分、町田のフリーキックからのリスタートの後のプレーで、相手のパスミスを抜け目なく奪い取った有田選手がそのままドリブルで相手ゴール前まで持ち上がり、右足で中央に蹴り入れたグラウンダーのパスを、大外に走り込んできたアンドレイ選手が右足で落ち着いて蹴り込んでゴールイン。サンガは良い時間帯で相手のミスを突いて先制点を奪い取ることができた。この後は、町田に攻め込まれる場面も少なからずあったが、サンガの守備陣は集中力を欠くことなくその攻撃を凌いでいた。そして、サンガは相手陣内でボールをキープし、うまく時間を使って、1点リードを保ったまま約5分間の長いアディショナルタイムに突入する。サンガベンチはそのアディショナルタイムに有田選手に代えて國領選手を投入し逃げ切り体制に入った。だが、その想いは実らなかった…。後半アディショナルタイム3分、町田のフリーキックの後のプレーで、重松選手が右足で蹴り入れたボールをゴール前の中島選手にヘディングで押し込まれてゴールイン。サンガは土壇場で同点に追いつかれてしまった。そして、その数分後に敗戦にも近い、ドローを告げる試合終了のホイッスルが吹かれた…。

『なんか悪い夢でも見ているような気分やなぁ…。悪い夢なら覚めてほしいなぁ…。』


【 出場選手の5段階評価 】

   名前     評価  コメント
        (5段階)
GK 菅野     3 枠内シュートが少ない中でも、集中力を保ってくれてましたが…。
DF 菅沼     3 自陣ゴール前の危険な場面での1対1で抜かれたらあかんやろぉ…。
DF 染谷     4 以前は当たりに弱いイメージがあったけど、成長してくれましたね!
DF 本多     3 クロスの球種が多いですね。ただ、守備面では攻め込まれる事が…。
DF 石櫃     3 クロスを上げる回数は多いけど、その球種がワンパターンやなぁ…。
MF アンドレイ  4 前線からプレスを掛け、積極的な守備も見せてくれてました。
MF 山瀬     3 あまり見せ場を作る事ができずに、前半の終了間際にピッチを去る。
MF 佐藤     3 シーズンは長いので、無駄なイエローはもらわないように…。
FW イヨンジェ  3 前半はほとんど消えてたけど、後半は盛り返してくれました。
FW 有田     4 先制点を演出し、ピンポイントのクロスボールもありました。
FW 石田     3 キレのあるドリブルは良かったけど、最後のパスの精度が…。

途中出場
FW エスクデロ  3 流れを変えてくれましたが、惜しいヘディングシュートを決めきれず。
DF 高橋     3 今後も、3バックのオプションとして使われるのでしょうか…。
DF 國領     − 厳しい結果になってしまいましたね。守り切ってほしかったなぁ…。

監督 石丸     3 結果論かもしれませんが、守りに入らない方が良かったかも…。

        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
        ■                          □
        □   本日のSVP(サンガ・ベスト・プレイヤー)  ■
        ■                          □
        □           有田 光希          ■
        ■                          □
        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【 閲覧者の声(掲示板より抜粋) 】

━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

またドロー。勝てると思ったんですが、最終盤はホームである町田の気持ちが上回っていたように見えました。前半は苦しみましたが後半良くなってきてゴールシーン、ちょっと興奮しました。素晴らしかった! でも最後は消極的でしたね。ロスタイムが5分(???)と聞いて、何か最後にやられるんじゃないかと思っていたら本当にそうなってしまった。まだ始まったばかり。頑張れサンガ!

                                記入日 [2016/03/07]  ( 1/3 さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

テレビ観戦でした。珍しくきれいなカウンターで先制し、その後チャンスもあったけど追加点取れず。結局は1点ではやはりダメなのでしょうね〜、最後はキープではなく攻撃して欲しかったです。それにしても、前節と同じで、攻撃の手詰まり感、守備が簡単に下げられるのは見ていてストレスを感じるばかり。昨年から課題のパス出しできる選手がいないのが痛い。しんどいシーズンになりそうだが、まだ始まったばかり。とはいえ、早めに対策して欲しいところです。

                                 記入日 [2016/03/08]  ( GU さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


【 他会場の試合結果 】

水戸ホーリーホック 0−1 セレッソ大阪
得点者:【大】柿谷

カマタマーレ讃岐 2−1 東京ヴェルディ
得点者:【讃】永田、仲間 【東】平本

ザスパクサツ群馬 2−1 ツエーゲン金沢
得点者:【群】高橋、舩津 【金】作田

ファジアーノ岡山 2−1 ジェフユナイテッド千葉
得点者:【岡】押谷(2) 【千】長澤

愛媛FC 1−1 モンテディオ山形
得点者:【愛】阪野 【山】大黒

ギラヴァンツ北九州 0−1 レノファ山口FC
得点者:【山】岸田

FC岐阜 0−4 北海道コンサドーレ札幌
得点者:【札】都倉(3)、オウンゴール

徳島ヴォルティス 0−1 ロアッソ熊本
得点者:【熊】齋藤

V・ファーレン長崎 0−3 清水エスパルス
得点者:【清】大前(2)、河井

横浜FC 0−2 松本山雅FC
得点者:【松】山本、飯田


【 Jリーグディビジョン2 順位表(第2節終了時点) 】

┌───┬───────────────┬─────┬────┐
│ 順位│  チーム名         │ 勝ち点 │得失点差│
├───┼───────────────┼─────┼────┤
│ 1位│  ザスパクサツ群馬     │  6  │  5 │
│ 2位│  カマタマーレ讃岐     │  6  │  2 │
│ 3位│  セレッソ大阪       │  6  │  2 │
│ 4位│  ロアッソ熊本       │  6  │  2 │
│ 5位│  清水エスパルス      │  4  │  3 │
│ 6位│  ファジアーノ岡山     │  4  │  1 │
│ 7位│  レノファ山口FC     │  4  │  1 │
│ 8位│  北海道コンサドーレ札幌  │  3  │  3 │
│ 9位│  松本山雅FC       │  3  │  1 │
│10位│  ジェフユナイテッド千葉  │  3  │  0 │
│11位│  東京ヴェルディ      │  3  │  0 │
│12位│  ギラヴァンツ北九州    │  3  │  0 │
│13位│  V・ファーレン長崎    │  3  │ −2 │
│14位│  京都サンガF.C.      │  2  │  0 │
│15位│  愛媛FC         │  2  │  0 │
│16位│  モンテディオ山形     │  1  │ −1 │
│17位│  水戸ホーリーホック    │  1  │ −1 │
│18位│  FC町田ゼルビア     │  1  │ −1 │
│19位│  ツエーゲン金沢      │  0  │ −2 │
│20位│  徳島ヴォルティス     │  0  │ −2 │
│21位│  横浜FC         │  0  │ −3 │
│22位│  FC岐阜         │  0  │ −8 │
└───┴───────────────┴─────┴────┘


← 前節へ戻る                  次節へ進む →


△ページの最上部へ

 
【サッカーショップ加茂】京都サンガFC ホーム ユニフォーム