トップページ年度別チームデータ2016年度 観戦記 > 第3節

2015年度 観戦記 ファジアーノ岡山戦[第3節] 3月13日(日)

アディショナルタイムで追いつき、3戦連続のドロー

ファジアーノ岡山 2−2 京都サンガF.C.
得点者:【岡】伊藤、豊川 【京】イヨンジェ、石櫃


【 試合前の見所 】

今節は現在14位の京都サンガF.C.と、6位のファジアーノ岡山です。

サンガは前節、今季J3から加入したFC町田ゼルビアを相手に試合の主導権を握られながらも、得点を許すことなく「0−0」のまま前半を折り返した。そして、後半も終盤に差し掛かろうとする時間帯で、相手のミスからサンガが一気にカウンター攻撃を仕掛け先制点を挙げた。だが、後半のアディショナルタイムに失点を喫し、サンガは勝利を目前にし、気分的には敗戦にも近いドローと言う結果で試合を終えた…。今節の相手は現在6位のファジアーノ岡山。その岡山は前節、ジェフユナイテッド千葉を「2−1」で降して今季初勝利を挙げており、調子は上向きの模様。一方の我らがサンガは、2試合連続して先制点を奪いながら追いつかれてのドローと、調子はいまいち。今節で勝って上昇気流に乗りたいところだが…。


【 試合内容 】
(前半)

2試合連続のドローといまいち調子の出ないサンガのスターティングメンバーは以下の通り。ゴールキーパーは菅野選手と前節と変わらず。最終ラインは、右から菅沼選手、染谷選手、下畠選手と今節はスタートから3バックで挑む模様。中盤はアンドレイ選手と佐藤選手のダブルボランチで、右に石櫃選手、左に本多選手。前線はイヨンジェ選手の1トップで、エクスデロ選手と有田選手の2シャドーと言う布陣で試合に臨む。試合の立ち上がりはサンガが前掛かりに攻め込み、サンガがやや押し気味で試合が進んでいた。しかし、サンガが一方的に攻め込む訳ではなく、岡山にセットプレーから決定機を作られ、肝を冷やす場面も多々見られていた…。そして、徐々に岡山にペースを握られ、サンガが守勢に回る時間帯が多くなってくる。前半の終盤には岡山に押し込まれ、いつ得点を奪われてもおかしくない状態が続くが、サンガの守備陣がなんとか凌ぎきって前半が終了する。「0−0」のまま後半へ…。

『う〜ん、攻撃の連動性が悪いなぁ…。悪いけど得点が入る予感がしいひんなぁ…。』


(後半)

両チーム共にハーフタイムでの選手交代はなく、前半終了時と同様のメンバーで試合が再開された。迎えた後半の立ち上がりは両チーム共に攻撃的で、攻守の切り替えが早いスピーディーな攻防戦が繰り広げられていた。そんな中、先制点を奪ったのは…。後半5分、石櫃選手が右サイドから蹴り入れたクロスボールをエスクデロ選手が胸でトラップするも収める事ができずに相手DFにヘディングで弾き返されてしまった。だが、そのこぼれ球をイヨンジェ選手が左足でダイレクトで放ったシュートがゴール右下隅に奇麗に吸い込まれた。ゴ〜〜ル!! イヨンジェ選手のサンガ移籍後初得点でサンガが先制した。サンガはこの先制点を守り切ろうとする意識があるのか、このあとは5バック気味に守備的布陣を敷いて岡山の攻撃を凌いでいた。だが、その守備陣が崩される時がきてしまった…。後半21分、中盤からのクロスボールを、サンガのオフサイドラインから上手く抜け出した伊藤選手に、胸トラップから右足で蹴り込まれてゴールイン。サンガは今節もリードを守り切れずに同点に追いつかれてしまった。このあとは、攻守の入れ替えが激しいどちらのペースとも言い難い試合展開が続く。そんな中、試合を決めるであろう追加点を奪ったのは…。後半33分、中盤からサンガのゴール前に蹴り入れられた浮き球のパスを、上手く抜け出してきた豊川選手に右足で技ありのループシュートを決められ、サンガは岡山に逆転弾を喫してしまった。サンガは反撃に転じたいところだが、後半36分に接触プレーでのいざこざで、菅沼選手が相手選手を突き飛ばして一発レッドで退場となり数的不利に陥ってしまった。この退場劇のあとの後半37分、サンガベンチはイヨンジェ選手に代えて石田選手を投入する。さらに、その直後の後半40分、サンガベンチは有田選手に代えてダニエルロビーニョ選手を投入と続けざまに選手交代を施してきた。そして、サンガが1点のビハインドのまま約5分間の長いアディショナルタイムに突入する。そして、前節に引き続き今節もそのアディショナルタイムに試合が動いた…。後半アディショナルタイム2分、岡山のゴール前でサンガが波状攻撃を仕掛け、ダニエルロビーニョ選手が右足で放ったシュートは相手GKに防がれるも、そのこぼれ球を石櫃選手が右足で蹴り込んでゴールイン。サンガが土壇場で同点に追いついた。そして、その数分後に、試合終了のホイッスルが吹かれた…。

『なんとか勝ち点「1」を拾ったって感じやなぁ…。まずはチーム作りからやなぁ…。』


【 出場選手の5段階評価 】

   名前     評価  コメント
        (5段階)
GK 菅野     3 ベテランらしい落ち着いたプレーを見せるも2失点を喫する。
DF 菅沼     1 なんであんな行為を…。しっかりと反省してほしいです。
DF 染谷     3 対人プレーでは強さを見せるも、ラインコントロールが…。
DF 本多     3 伊藤選手の動きについて行けず、同点弾を献上してしまう事に…。
DF 下畠     3 今季スタメン初出場も、勝利に導くことができず…。
DF 石櫃     4 クロスボールで先制点を演出し、値千金の得点もゲット!
MF アンドレイ  3 体格を活かした中盤での守備を見せてくれましたが…。
MF 佐藤     3 3試合プレーを見たけど、これと言った特徴が見られず。
FW エクスデロ  4 キープ力はあるけど、孤立してしまっているような気が…。
FW イヨンジェ  4 サンガ移籍後初得点。ようやく決めてくれました!
FW 有田     3 ボールを奪ってカウンターと言う意識が良いですね!

途中出場
FW 石田     − あまり見せ場を作れず。もっと時間が必要やなぁ…。
FW ロビーニョ  − 得点への強い気持ちが石櫃選手の得点につながりました!

監督 石丸     2 サポーターを楽しませるサッカーを見せてほしいなぁ…。

        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
        ■                          □
        □   本日のSVP(サンガ・ベスト・プレイヤー)  ■
        ■                          □
        □           石櫃 洋祐          ■
        ■                          □
        □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【 閲覧者の声(掲示板より抜粋) 】

━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

3戦連続ドロー。今日も先制するが、追いつかれ、さらに逆転され、退場もあったけど、追いついた。正直よく追いついたと思う。しかし、内容はひどい試合。

まず、最もイヤなのは、岡山のロングボールをただ跳ね返すだけの戦術。見ていて何の可能性も感じない消極的な姿勢。次にマイボールになっても全然パスがつながらない。中盤で誰もボールを受けない、これも消極的な姿勢。トラップもパスも下手。何でこんなチームになってしまったのか。攻守にアグレッシブに主導権を握るサッカーとは真逆に見えます。

イライラする采配、変な審判、ストレスのたまる週末でした。

                                 記入日 [2016/03/13]  ( GU さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


━…━… ここから ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

前半はほぼ押されっぱなし。後半は先制はしたけれどチームが出来上がっていないなと思わせる内容は相変わらず。逆転され退場者も出て、ああ今日は遂に負けるのかと思ったが、何と追いつきましたね。波乱万丈でまあ退屈はしなかった。最後は前節と逆の結果だったので、怒りの同点弾という事でこれは前向きにとらえておきたいです。

                                記入日 [2016/03/13]  ( 1/3 さんより )

━…━… ここまで ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━


【 他会場の試合結果 】

セレッソ大阪 1−0 ザスパクサツ群馬
得点者:【大】柿谷

北海道コンサドーレ札幌 1−1 愛媛FC
得点者:【札】永田、仲間 【愛】平本

清水エスパルス 0−0 松本山雅FC

徳島ヴォルティス 2−2 モンテディオ山形
得点者:【徳】山崎(2) 【山】ディエゴ(2)

FC岐阜 1−0 ギラヴァンツ北九州
得点者:【岐】レオナルド・ロシャ

ジェフユナイテッド千葉 1−0 横浜FC
得点者:【千】船山

ツエーゲン金沢 0−0 水戸ホーリーホック

レノファ山口FC 0−2 FC町田ゼルビア
得点者:【町】中島、鈴木

カマタマーレ讃岐 2−2 V・ファーレン長崎
得点者:【讃】仲間、武田 【長】松本、永井

ロアッソ熊本 1−0 東京ヴェルディ
得点者:【熊】清武


【 Jリーグディビジョン2 順位表(第3節終了時点) 】

┌───┬───────────────┬─────┬────┐
│ 順位│  チーム名         │ 勝ち点 │得失点差│
├───┼───────────────┼─────┼────┤
│ 1位│  セレッソ大阪       │  9  │  3 │
│ 1位│  ロアッソ熊本       │  9  │  3 │
│ 3位│  カマタマーレ讃岐     │  7  │  2 │
│ 4位│  ザスパクサツ群馬     │  6  │  4 │
│ 5位│  ジェフユナイテッド千葉  │  6  │  1 │
│ 6位│  清水エスパルス      │  5  │  3 │
│ 7位│  ファジアーノ岡山     │  5  │  1 │
│ 8位│  北海道コンサドーレ札幌  │  4  │  3 │
│ 9位│  FC町田ゼルビア     │  4  │  1 │
│10位│  松本山雅FC       │  4  │  1 │
│11位│  レノファ山口FC     │  4  │ −1 │
│12位│  V・ファーレン長崎    │  4  │ −2 │
│13位│  京都サンガF.C.      │  3  │  0 │
│14位│  愛媛FC         │  3  │  0 │
│15位│  東京ヴェルディ      │  3  │ −1 │
│16位│  ギラヴァンツ北九州    │  3  │ −1 │
│17位│  FC岐阜         │  3  │ −7 │
│18位│  モンテディオ山形     │  2  │ −1 │
│19位│  水戸ホーリーホック    │  2  │ −1 │
│20位│  徳島ヴォルティス     │  1  │ −2 │
│21位│  ツエーゲン金沢      │  1  │ −2 │
│22位│  横浜FC         │  0  │ −4 │
└───┴───────────────┴─────┴────┘


← 前節へ戻る                  次節へ進む →


△ページの最上部へ

 
【サッカーショップ加茂】京都サンガFC ホーム ユニフォーム